「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

踊る大捜査線 グッズ捜査本部

踊る大捜査線で使用されたグッズ情報を捜査せよ! 踊る大捜査線および出演者の知名度向上に努めます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

【OD3】ヒューストン M-51パーカーU&Yモデル詳細

ヒューストン M-51パーカーU&Yモデルの詳細画像をご紹介します。
まずは首周り。

houstonm5101.jpg

アウターシェルはとても良い雰囲気に仕上がってます。フードの襟?の高さもちょうど良い幅ですね。
ライナーの素材は違いますが、色と縁取りはよく再現されています。

次は前ポケット周辺です。

houstonm5102.jpg

今までの97やTM2に比べると、ポケット位置がかなり上がっています。
これはどちらかといえば米軍の実物に近い高さですね。

M-51のポケットを良く見ていただくとわかりますが、フラップの裏に折り返しがありますね?
これはポケットの中身の落下防止のためのもです。

米軍実物のポケット位置が高いのは、ポケットに手を入れにくいため、つまりポケットに手を入れて歩いたり
することが出来ないようにしてあると聞いたことがあります。

以前は青島君がコートのポケットに手を入れているシーンがありましたが、今回のモデルだとしんどいですね。
そのためか?フラップをポケットに織り込んで、中のものを取りやすく?
またはなんとか手を入れやすいようにしている画像が見られますね。↓
houstonm5106.jpg

OD1やOD2ではライナーを使用しなかったためか、袖から見えるジャージ部はアウターについていましたが、
今回はライナーに付属しています。

OD1版を再現しようとして、自作でジャージ袖を付けた人も多いのでは?
(当然自分もその一人ですがw)

今回の特徴でもある、ジッパー部のテープの色がベージュになっている部分もしっかり再現。
ホックもテープにかかるよう打ち込まれていて、ここも良く再現されていますよ!
houstonm5103.jpg

今までのモデルだと、腰のドローコードと同じ高さ辺りにポケットがありましたので、
今回はかなり高い位置ということがわかっていただけますね?

感心したのはジッパーの差込口辺りのテープの形です。(画像右下)これはジッパーの仕様かもしれませんが、
ジッパーを差し込みやすいように?カットされている個所まで再現されています!

腰のドローコードは映画同様、腰位置の紐のみわっか結びされています。
フードと裾は今回玉結びが正解ですね。

houstonm5105.jpg

次に袖周りです。
今回は生地を3分割、立体裁断で、より腕にフィットするように作られ、その分袖も細くなっています。

肘の辺りに2本のギャザーが入っているのが見えますね?
ここも再現してくれているところが嬉しいです!

houstonm5104.jpg

最後に腰の傷の修理跡です。

今までは傷を適当に縫った感じでしたが、今回は傷が大きくならないように?当て布をして、
周りをミシンで縫っていました。

ミシンをあてたのは青島君では無いと思われます。だれかに修理してもらった感じですね?
青島君にもとうとう女性の影が!?その裏設定を知りたいですねw

とにかく今回のモデルは今まで以上に良く出来た一枚であることは間違いありませんね!
スポンサーサイト
別窓 | 青島コート | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【OD3】ヒューストン M-51パーカーU&Yモデル詳細(写真追加) | 踊る大捜査線 グッズ捜査本部 | 【OD3】ヒューストン M-51パーカーU&Yモデルの着心地>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 踊る大捜査線 グッズ捜査本部 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。